ハル研ブログ BLOG

仕事内容
執筆者:ファーマン タグ: デザイナー

みんなで40周年記念イラストを描きました!

みさなん、こんにちは!
デザイナーのファーマンです。

すでにご存じの方もいらっしゃると思いますが、2月21にハル研究所は、40周年を迎えました!
イェ〜イ!めでたい!

40周年を迎えたと同時に、特設サイト公式Twitterなどで、キャンペーンの発表やハル研の歴史の紹介などがされました。
みなさんはもうご覧になられましたか?

この特設サイトの中では「スペシャルムービー」なるものもお披露目されているのですが、これはハル研のクリエイター10名による40周年記念イラストの制作の様子を、タイムラプス撮影した動画なんです。
今回はこの記念イラストを描いたときのお話しをしようと思います!

2019年の年末に、「もうすぐ迎える40周年を、クリエイター陣からも盛り上げよう!」という声が上がり、40周年記念イラストを寄せ書きするのはどうだろう?ということになりました。

「みんなで記念イラスト」と言えば、実は去年『スーパーカービィハンターズ』の連載ブログ最終回用に、私を含めた開発ディレクター陣で、黒板シートにチョークで記念イラストを描いていました。

あれを越えなければ…!という過去の自分たちへのライバル心もあり(?)、前回の黒板シートからサイズを大幅アップさせた90cmx180cmのボードに、チョークから色数も大幅アップの24色クレヨンで描いてみよう!と提案。
さらに参加人数も大幅アップしちゃえ!ということで、記念イラストに登場するキャラクターにゆかりのあるメンバー10人にも声をかけました。

チョークと違ってクレヨンは簡単に消せないし、ミスしても修正しやすそうなサインペンとかにして、白黒イラストの方が良いんじゃない?という心配の声もあったのですが、お祝いなんだから、どうしてもカラフルな絵にしたい!という部分はどうしても譲れず、「みんなデザイナーか元デザイナーなんだし、大丈夫ですよ!」と、画材はクレヨンをごり押しさせてもらいました。

その後届いたボードの大きさにちょっとびっくりしつつ、手元でだいたいのレイアウトを決めて、ボードに鉛筆でざっくりとした下書きだけを行い、準備は完了しました。

いよいよ制作当日、慣れない画材やサイズ感に、みんな最初こそ戸惑っていましたが、そこはさすが絵心のあるメンバー。
ちょっと試し描きをするとすぐにコツをつかみ、ボードがみるみるカラフルになっていきます。
みんな、子供のころ以来のクレヨンでのお絵かきを楽しむ余裕すらあるようでした。

むしろ「デザイナーなんだし、大丈夫ですよ!」と豪語していた自分が、けっこう大事な部分でがっつり描き間違いをしてしまうという大失態!
自分のブースにあった白い絵の具で、なんとかミスを白塗り修正できました。
(ちなみに、なぜ自分のブースに白い絵の具なんてあったのかというと、過去のプロジェクトでゲーム完成祈願として「カービィだるま」の目入れをする時に使った絵の具を、ずっと置きっぱなしにしていたからでした。ここで役立つとは…!)

そんなこともありつつ、きっちり下書き通りに完成…させないのが欲張りなハル研社員たち。
実は、下書きにはご覧のキャラクターたちしか描かれていなかったのですが、いざキャラクターたちがしっかりと描かれていくと、けっこう余白が寂しいね、ということになり、「あの隙間にあのキャラ描いちゃわない?」と、下書きにはなかったキャラクターを描いてみることに。
「いいね!じゃあ、あそこにはあのキャラを…」と、あとはもうお察しの通り。

「だったらあの作品からもあのキャラを描こうよ!」と、ハル研の歴史を彩ったキャラクターたちがワイワイと描き足されていき、最後にはキャラクターですらないアイテムや、会社の旧ロゴまでもが所狭しと並び、40年という歴史が凝縮された賑やかなイラストが完成しました。

去年リリースされたばかりのタイトルのキャラクターを描いている若手もいれば、「まさかポンコツタンクの絵をまた描く日が来るとは…!」と、ウン十年前に自身が手がけたタイトルのキャラクターを描いている大ベテランもいたり。絵の参考用に引っ張り出された古いゲームのパッケージを見ながら語られる開発中の思い出話を聞いていたりすると、みんなで絵を描きながら40年の歴史をほんのちょっと体感できたような気がしました。

…と、いうのが、あの数十秒の動画の舞台裏です!

改めて完成イラストをよ〜く見てみると、見落としていたキャラクターが隠れているかもしれませんよ!?
描かれているネタが全てわかったというそこのアナタ、相当なハル研マニアですね!

一枚の絵には収まりきらないような、たくさんの「Happy」をみなさんにお届けできるように、ハル研はこれからもモノづくりをしていきます!
40周年を迎えたハル研に、これからもたくさん期待してくださいね!

©HAL Laboratory, Inc.
©HAL Laboratory, Inc. / Nintendo ©2001-2003 Nintendo / Creatures Inc. / HAL Laboratory, Inc.
©1989 HYPER WARE / HAL LAB. ©1987 HAL Laboratory, Inc./HYPER WARE