職種:デザイナー

入社年:2019年

1つのキャラクターを、最初から最後まで作る達成感

現在のプロジェクトでは、キャラクターやギミックのモデリング、マテリアル、モーション、エフェクトを一通り担当しています。最近はモデリング専門、モーション専門などと、分業化されている会社が多いようですが、ハル研では基本的に幅広い作業が1人に任されます。1つのキャラクターを最初から最後まで作らせてもらえるのはとても達成感がありますし、「このキャラクターは自分が担当した」と言い切れるのが嬉しいです。

デザインとプログラミングの両方を活かせる仕事

学生時代、デザインの他にプログラミングの勉強をしていて、小さなゲームを作っていました。なのでデザインとプログラミングのどちらも活かせて、スキルアップができる仕事に就きたいなとざっくり考えていました。
いざ就活するときには広告業界も視野に入れていたのですが、ゲーム業界には“テクニカルアーティスト”という職種があることを知って、自分にぴったりだと思い、ゲーム業界を目指しました。

入社後、社会人のイメージが変わった

社会人になったら、朝も早く、厳しい規則の中で過ごすんだろうなと想像していましたが…入社してそのイメージが変わりました。ハル研では出勤時間が遅めなうえに、山梨勤務では会社と家の距離が近いので早起きしなくても大丈夫ですし、特別厳しい規則もないので、のびのび過ごせています。もちろん社会人として適度に気持ちを引き締めていきたいと思っています。

足りないところを少しずつ拾い、成長へ

ゲーム会社に就職するのは、美大生の中でもイラストを描き続けた人、というイメージがあり、実際会社にもそんな人がたくさんいます。自分はそんなに描いてこなかったので、デザインの案出しは毎度不安なのですが、それを乗り越えられるよう、先輩から修正のアドバイスをもらって気づいた「自分のデザインに足りていないこと」を少しずつ拾っています。入社してから休日にイラストを描くことも増え、学生時代と比べると我ながら上達したと感じることがあります。

勉強熱心で、成長に意欲的な人が多い会社

成長に意欲的な人が多いですね。周りのデザイナーは勉強熱心な人が多くて、社外のセミナーに参加したり、休日も趣味で何か作ったりしています。また、デザイナーは技術共有会を定期開催していて、そこではデザインの工夫やツールの使い方などを聞くことができるので、とても参考になります。みんな誰かに言われて勉強しているのではなく、自主的に勉強しているので本当に学ぶことが好きなんだと思います。

同期の仲間と楽しみ、いい刺激を与え合う

同期はみんな会社の近くに住んでいて、ゲームの趣味も合っているので、休日はよく集まっています。対戦ゲームで熱くなることも多く、帰るころには朝になっていたことも…。それから、同期の一人がトレーニングジムに通っていて、自分も同じジムに通うようになりました。ジムに通い始めて食事にも気を付けるようになったので、最近はかなり健康的な生活ができている気がします。同期は、いい刺激を与え合える存在ですね。

学生のみなさんへのメッセージ

学生時代、もっとイラストを描いておけば良かったと感じています。そうすればデザインの案出しで不安になることも少なかっただろうなと思うからです。しかし一方で、その分プログラムの勉強もしていたから、今の自分の強みがあるのだと思います。
ということで、学生のみなさんには、何かに打ち込んで自分の強みを作ること、それからデザインの審美眼を鍛えることをオススメします。
余談ですが、ハル研では入社後の新人研修でツールの勉強ができるので、「ツール使えないからどうしよう…」と不安になる必要はないですよ。