プログ > 記事詳細

このコーナーでは、実行委員会からのお知らせや「参加者の声」などをお届けします。

参加者の声 vol.8

■ズッキー氏(学生部門)

他の用事が多数重なっていたため、プログラミングコンテストの問題について考える時間が全く取れませんでした。しかし、自分が参加して来たタイプとは違ったコンテストで、問題が閲覧出来ただけでも良い機会だったと思います。この度は、郵便物にてお誘いしてくださり、ありがとうございました。

■りあん氏(学生部門)

今回は去年に比べあまり時間を割くことができなかったのであまり満足のいく結果とは言えないところもあるのですが、それでも最終日のラスト6時間でなんとかどんぶり圏内まで滑り込めて良かったです。
問題の内容としても、参加者のレベルとしても去年から随分上がっているように感じ、自分ももっとレベルアップしていかなければなと思いました。
来年もまたぜひ参加したいです。

(コードを読まないと問題の制約(座標の振られ方、農場の位置、街の定義など)がわからないのはちょっと改善してほしいなぁ、とは思いました)

■WA_TLE氏(学生部門)

とても楽しかった。
後半バグらせたのが惜しかった。

■Hopelimb氏(学生部門)

予想以上楽しいコンテストです。元々はちょっと腕試しの気持ちで申し込みましたけど、プロコンの問題を解く過程はまるでゲームの流れのような感じで、毎日放課後にアルゴリズムの考えに夢中しました。おかげで、新しいプログラムテクニックも身につけました。来年のプロコンも参加したいと思います。

■cormoran氏(学生部門)

サンプルプログラムやビジュアライザの質が高く,1回目の提出まで容易にたどり着ける点が良かった.