プログ > 記事詳細

このコーナーでは、実行委員会からのお知らせや「参加者の声」などをお届けします。

参加者の声 vol.2

■kcozy氏(学生部門)

viewerなどがしっかりしていて取り組みやすかった

■commy氏(学生部門)

普段からプログラミングコンテストに参加しているのですが、このような形式の問題は初挑戦でとても新鮮でした。
サンプルプログラムが付属しているのは、動作を理解する上で大変役に立ちましたし、環境が整えられていたため、アルゴリズムの部分を重点的に考えることができました。

■Ark氏(学生部門)

マラソンマッチ型のコンテストへの参加は初めてだったので最初は戸惑いましたが、楽しく取り組むことができました。
スコアが改善されるに連れてviewerの色が赤色から緑色へ変化していく過程はそれだけでも気持ちよかったです。
また、UFOの動きを考察する上でviewerはとても役に立ちました。
来年も参加したいし友人にも積極的に勧めていきたいプロコンでした。
楽しいプロコンの企画・運営をありがとうございました!!!

■tanifuji氏(ハル研部門)

今年もおもしろい問題で楽しませて頂きました。
あまり時間が取れなかったのですが、パッケージのソースコードが充実していたおかげで
まぁまぁのスコアまでいけたので参加した感が出てとても満足できました。

将来、近所の上空に巨大UFOが突然やってきて無数の小型UFOがお家に荷物を運んでくれる未来が
やってくるのかなぁ、ちょっと怖いなぁと思いながら問題を解いていました。
プロコンのUFOのデザインだと癒やされていいですね。

運営のみなさま、お疲れさまでした!

■kaputi-no氏(学生部門)

初めて参加しましたが、チャレンジスコアに到達できて嬉しかったです。もともとC + +の知識が浅く、問題を理解できるか不安でしたが、配布されたサンプルがコメントを含め分かりやすかったので、助かりました。来年も参加したいです。