RSS

問題

問題は下記の通りです。チェックプログラムに通る作品ができましたら、ログインしてマイページからご応募ください。

作品受付は終了しました。多数のご応募ありがとうございました。

問題とルール

問題

あなたは「いぬたま便」の宅配ドライバー。街を効率よく走り回り、今日もお客様のもとへ大切な荷物を届けてください。

宅配便

ルール

マップの中央には営業所があり、本日配達する荷物が保管されています。 午前中、午後1、午後2、夜間の4つの時間帯に分けて配達を行います。

1ステージの流れ

各時間帯は、積み込みと配達の2段階に分かれています。最初に営業所で、その時間帯に配達する荷物の積み込みを行い、配達に出発します。積んであるすべての荷物の配達を終え、営業所に戻ってきたところで、その時間帯の配達は終了です。すべての時間帯を終えれば、1ステージが終了となります。

なお、積み込み、および配達での1回の移動を「ターン」と呼びます。1000ターンが経過しても、すべての荷物の配達を終えて営業所に戻ることができなかった場合、そのステージは強制的に終了となります。

マップについて

左下を原点とするグリッド状になっていて、壁のあるマスと、壁のないマスがあります。外周は必ず壁で囲まれています。

荷物について

荷物には、配達先の座標、重さ、配達する時間帯が指定されています。ただし、時間帯は指定されてないものもあります。

積み込み

トラックには最大積載重量が決められており、それを超えない範囲までなら好きなだけ積み込めますが、その時間帯に指定されている荷物は必ず積み込まなければなりません。

また、時間帯が指定されてない荷物は、どの時間帯に配達してもかまいませんが、4つの時間帯のうちのどこかで必ず配達しなければなりません。

積み込みが終わったら、配達開始となります。

なお、1個も積み込まなかったときは、この時間帯は即座に終了です。

配達

トラックはマップ上の壁のないマスを、1ターンで1マス移動できます。この移動方法で、必ずすべての配達先に到達できます。

トラックは、1マス移動するごとに、トラック自身の重さと、積んでいる荷物の重さを足した分の燃料を消費します。燃料は十分に入れてあるので、ガス欠になることはありませんが、消費した燃料が少ないほど高得点になります。

トラックが配達先の座標に到着すると、その荷物は自動的にトラックから下ろされて配達完了となります。すべての荷物の配達を終えたら営業所に戻り、その時間帯は終了です。

途中で営業所のあるマスを通過してもかまいませんが、追加で荷物を積み込むことはできません。

詳しくは問題パッケージに含まれているREADME.txtをご覧ください。

ビューア

問題パッケージには、作品の挙動を確認できるビューアも含まれています。ビューアはwebブラウザで動作します。

ビューア

選考基準

スコアと処理時間

ステージを規定回数繰り返し、スコアの合計を競います。スコアが高いほど上位となります。

スコアが同点の場合は、処理時間が短い作品から上位とします。

スコアも処理時間も同じ場合は、先に応募された作品から上位とします。

最終スコア

応募期間終了後、問題生成に使用する乱数のシード値を変更し、全応募作品の再評価を行います。

再評価は、4回分実行し、その平均点と平均の実行時間を最終的なスコアとし、順位を決定します。

応募期間中は実行時間を重視し、実行回数を少なめにしていますが、最終的な評価では、より公平を期するためにこのようにしています。

スコアが同点だった場合の順位付けについては上記と同じです。

再評価に関する注意点

応募時にエラーやタイムアウトにならなかった作品でも、応募期間終了後の再評価によってエラーやタイムアウトになる可能性があります。手元でいくつかの乱数シードを試すなど、安定した作品を目指すことをおすすめします。

詳しくは問題パッケージに含まれているREADME.txtをご覧ください。

問題パッケージのダウンロード

下のボタンで問題パッケージのダウンロードページへ進んでください。

問題パッケージに含まれるファイルの詳細については、問題パッケージダウンロードページをご覧ください。

作品規定

  • オリジナルのプログラムに限ります。
  • 使用可能な言語はC++です。※C++11が使えます。
    ただし、以下の機能は使用できません。
    • インラインアセンブラ
    • 例外(try,catch,throw 等)
  • 標準ライブラリが使えます。適宜、必要なファイルをインクルードして使用してください。
  • マルチスレッド、マルチプロセスは禁止とします。
  • #pragma は使用できません。
  • 巨大な応募作品はエラーとなることがあります。
  • 問題パッケージでは制限時間はありません。評価環境での制限時間は15秒です。ただし、応募期間終了後の再評価は4回分実行するため、制限時間も60秒です。
  • 応募前に必ずPC上で実行して、チェックが通ることを確認してください。
  • 特定のステージに依存したチューニングを行うことを禁止します。例えば、X番目のステージの時は、あらかじめ用意した配列に基づいて行動を決定するというような処理は禁止とします。
  • 応募作品のチェックはハル研究所オリジナルの評価環境で行いますが、問題パッケージに含まれるものと同一のチェックプログラムでのチェックとなります。ただし、PC上と評価環境で実行結果が変わる場合があります。
  • 応募作品は応募時に自動チェックされますが、後ほど実行委員会が直接チェックする場合があります。たとえチェックが通っていても、不適切と認められる場合は無効と判定されることがありますのでご了承ください。
PAGE TOP