RSS

プログ PROGRAMMER BLOG

このコーナーでは、実行委員会からのお知らせやヒント、ハル研プログラマーの熱い思いをお届けします。

カテゴリー

タイトル一覧へ

参加者の声 vol.8

■o0p1q氏(学生部門)

制限時間内で最適解が得られる問題でしたが、問題に取り組んで1週間ほどは、最適解を導けないでいました。そんな中、ランキング上位は同じスコアで埋められていき、かなり焦り、悩みました。ただ、長期的なコンテストということで、多くの時間を思考に費やすことができ、最適解を導くことができました。
最適解が得られ、実行時間の勝負になってからは、コンテスト終了当日まで地道にプログラムの改良を続けました。わずかな時間短縮の繰り返しでしたが、その努力が報われて良かったです。

■yuma氏(学生部門)

ハル研プロコンに参加するのは二回目ですが、今回は前回に比べ参加者のレベルの向上が感じられましたね。上位入賞の難易度が上がったということですが、その分やりがいをあるともとれます。自分がプログラミングを始めたのも、このハル研プロコンに影響されたという部分があるので、来年はランキングに載れるよう、より一層プログラミング修行に励みたいと思います。

■ENIXER氏(学生部門)

問題の難易度としては易しめで、最適解が考えれば分かりそうなものだったので、ハル研プロコン初参加だった自分としてはとっつきやすくてよかったです。
実際にやってみると思ったよりも奥が深く、なかなか最適解が思いつかずに試行錯誤をしては得点が落ちうまくいかなかったことを思い出します。
とても良い経験をさせていただきました。ありがとうございました。

PAGE TOP