RSS

プログ PROGRAMMER BLOG

このコーナーでは、実行委員会からのお知らせやヒント、ハル研プログラマーの熱い思いをお届けします。

カテゴリー

タイトル一覧へ

『プロコンに参加する理由』 安原(yasuharayu)

安原

こんにちは。ゲームプログラマーの安原です。
入社して3年目になります。

入社してから少しずつ色々な仕事を経験しましたが、最近はゲームを作るためのツールの開発などに携わっていて、今はゲーム開発をより効率よくするために、ツールを使用している人の要望を聞いて機能を追加したりしています。
自分が作った機能を使ってもらって、「便利になったよ」といった嬉しい感想をいただいたり、さらに要望をもらって対応したりと、とてもやりがいのある仕事です。

実は私は、プロコンにきちんと参加したのは昨年1回だけという、プロコン初心者です。
それ以前は登録はしたけれども、ほとんど手付かずという状態でした。

そんな私が、今年もプロコンに参加しようと思った理由はなんだろうと考えた結果、真っ先に浮かんだ理由は「純粋に楽しかったから」でした。

試行錯誤して作ったプログラムを提出し、その結果が反映されて順位が上がったときの喜びはなんとも言えないものがあります。
また、問題パッケージに同梱されているビューアの存在も大きいです。
自分が考えたアルゴリズムに沿って動いているのが目に見えるので、こういうシチュエーションの時に効率が良いまた悪いということに気がつきやすいですし、健気に動く丸い玉になぜか愛着まで湧きました(笑)。

このプログを読んでくださっている方でまだ作品応募されていない方は、是非試しに問題パッケージをダウンロードしてビューアを動かしてみてください!

ビューアもそうですが、プロコン全体を通じて、参加してくれる人に楽しんでもらおうという、ハル研スタッフみなが大事にする心意気を感じられることも、私にとってプロコンに参加する大きな理由だと思います。

今年のプロコンもスタートしてから2週間が経過しました。
ハル研内でも、「上位の方が到達している値を超える値が出せるのか?」や、「年末年始休暇に本気だす!」などと、プロコンの話題で盛り上がっています。
明日で仕事納めなので、年末年始の休みはビューアとにらめっこしながら、私も今年のプロコンを楽しみたいと思います。

PAGE TOP