TOPハル研ブログ祝配信!『カービィファイターズ2』Vol.2

ハル研ブログ

仕事内容祝配信!『カービィファイターズ2』Vol.2

2020年10月07日:大西

こんにちは!『カービィファイターズ2』プログラムディレクターの大西 a.k.a.コックオオニシです。

満を持して「カービィファイターズ」シリーズの最新作がNintendo Switchで配信開始となりました。前作から実に6年ぶりとなる新作です。

本作、基本的な仕組みは『カービィファイターズ』のものをベースにしつつも、能力やステージをパワーアップしたり、新たなモード「ストーリーモード」を追加したり、インターネット通信を使った対戦に対応したりと、内容・機能ともに盛りだくさんなゲームに仕上がっています。
また、遊ぶためのモードとは少し違うのですが、便利なところとして、トレーニングモードが実装されています。トレーニングモードでは、LボタンとRボタンを同時押しすることで、サッと状態をリセットできるので、技や挙動の確認にはとても便利です。

今回、大西の担当箇所はシステム周りがメインで、ゲームの起動にかかる時間を短縮したり、メモリが過不足なく割り当てられているかを監視したり、ゲームが全体を通して 60fps で稼働しているかどうかチェックしたり、ということをしていました。基本的に縁の下が生息地です。
...あとはそうだ!スタッフクレジットを作っていました!機会があれば是非見てやってください。

話は変わって、自分にとって『カービィファイターズ2』開発の思い出といえば、開発終盤に、後ろの席でディレクター2人がバディを組んでストーリーモードを延々と、それも楽しそうにデバッグしていたのが印象に残っています。
各階でのアイテム選択次第でピンチ・チャンスがめまぐるしく入れ替わるのはもちろん、2人だからこそピンチを切り抜けられるといった場面も多々あります。まさに常時ドラマティック。
ついついバグ修正の手を止めて観戦してしまい、あぁいかんいかんと仕事に戻ることが何度かありました。
ストーリーモードはもちろん1人プレイも可能で、そのときはAIがバディを組んでくれます。そこそこ仕事をしてくれるので頼りになりますよ!

と、プロジェクトにまつわる話が終わったところで、甘いものの話です!
今回も発売記念にケーキを作ってきました!
前回のケーキはこちら

題して「情熱のバディファイト」。タイトル画面をモチーフにしたムースケーキです。

上に乗っているソードとレスラーのチョコレートはモードセレクト画面からチョイスしました。

土台は白ワインのムースで、それをパッションフルーツとカシスのピューレをつかったナパージュでコーティング、タイトル画面の夕焼け空とそれを映す水面を表現しています。白ワインのムースの中にはコーティング同様にパッションフルーツとカシスのムースが入っており、白ワインの風味の中にフルーツの甘酸っぱさが際立つケーキです。

このケーキはチームメンバーに鑑賞してもらったあと、切り分けて、みんなに配りました。見た目も味もとても喜んでもらえ、コック冥利に尽きます!(あ、でも本業はプログラマーです)

~次回予告~
今作、ちょっとUIのテイストがいつもと違うと思いませんか?というわけで次回ブログはそんな『カービィファイターズ2』のUIデザインディレクターを務めた剣持が登場します!剣持さん、よろしくお願いします~。

タグ:
プログラマー