TOPハル研ブログ祝配信!『カービィファイターズ2』Vol.1

ハル研ブログ

仕事内容祝配信!『カービィファイターズ2』Vol.1

2020年09月24日:川合

みなさん、こんにちは。
企画ディレクションの川合です。

突然ですが!本日9月24日に『カービィファイターズ2』がNintendo Switchに配信されました!
「カービィファイターズ」シリーズとしては6年ぶりの最新作となります!

そんな本作ですが、昨年配信された『スーパーカービィハンターズ』と同様に、東藤と私の二人のディレクター、そしてゼネラルディレクターに熊崎という体制で開発が行われました。
『カービィファイターズ2』というナンバリングにふさわしいタイトルにすべく、チーム一丸となって全ての要素をパワーアップさせたつもりです!
それでは、そのパワーアップした内容を一部ご紹介します!

まずはプレイ可能なファイターです。
本作のファイターは全22種類となり、前作の12種類(うち2種類は、ニンテンドー3DSソフト『星のカービィ トリプルデラックス』購入特典)から、大幅に増えています!
新ファイターの追加は、格闘ゲームファンにとっては一番うれしいと感じる方も多いのではないでしょうか。
ちなみに私もがっつりの格闘ゲーマーです(弱小ですが)。

しかも本作で使用できるキャラクターはコピー能力だけではありません!
カービィシリーズの人気キャラクターから

・バンダナワドルディ
・グーイ
・マホロア
・メタナイト
・デデデ大王

以上のメンバーも参戦します!

さらにさらに、最大の目玉として新しいコピー能力の「レスラー」が追加されました!
その名の通り「レスラー」らしい、ド派手な投げ技や数々のプロレス技が特徴です。

実を言うと、王道カービィ以外の作品で新しいコピー能力が入るのは、ニンテンドーDSソフト『タッチ!カービィ』以来、15年ぶりとなります!

そのような経緯もあり、気合を入れまくって作った結果、本作の中で一番多くの技を持つファイターになりました!
力強い投げ技が決まった時の爽快感は格別ですので、ぜひプレイしてみてください!

次にご紹介したいのは「ストーリーモード 宿命のライバル達」です。
このモードは「対戦ゲームだけど、一人で遊んでも満足できるモードを用意したい」という思いからスタートしました。

少しストーリーを言いますと...、

これまでいくどとなくカービィと戦ってきた、デデデ大王とメタナイト...。
今度こそカービィに勝利すべく、なんと2人がチームを結成!
カービィに挑戦状をたたき付けた!

(カービィは挑戦状を読めなかったようだが...)
カービィも相棒のバディとチームを組み、2人で
デデデ大王とメタナイトが待ち受ける「バディファイターズタワー」に挑む!

いかかでしょうか!
少年誌顔負けの熱い展開です!

そんなワクワクするようなストーリーもさることながら、ゲームシステムもやり応えがあるものをご用意しています!
このモードはタワーを1階上るごとに、3つのアイテムの中から1つだけアイテムを獲得することができます。
アイテムの種類は、

・攻撃力を上げるもの
・体力を回復するもの
・ギミックダメージを減らすもの
・特定の敵に大ダメージをあたえるもの

など様々です。

プレイヤーは自分のプレイスタイルや常に変わる状況を考えながら、最適なアイテムを獲得してタワーの最上階を目指すことになります。
獲得できるアイテムは毎回変わりますので、何度プレイしても新鮮な気持ちで遊んでいただけると思います!

ちなみに「一人で遊んでも満足できるモード」と言いましたが、2人で遊ぶこともできますので、ぜひ友達と一緒に「バディファイターズタワー」の攻略に挑戦してください!

他にもご紹介したい新しい要素がたくさんあるのですが、ここで本作の開発状況のお話もさせてください。

このプロジェクトはコロナ禍の状況のなかで、『スーパーカービィハンターズ』に引き続き、任天堂さん、バンプールさんと開発を行いました。
リモートワークになったことにより、直接会ってお話ができない状況での開発となりましたが、2作続けて同じチーム構成で開発を進められたので、コミュニケーションの問題などは起こらず、無事に完成させることができました。

そんな状況のなか開発された本作は、おすそわけプレイ、ローカル通信はもちろんのこと、オンライン通信が入っており、世界中の人々や離れた友達とバトルすることもできます。
近くでも、離れていても熱い戦いを繰り広げられると思いますので、頂点を目指してバトルを楽しんでください!

それでは、また!

~次回予告~
次のブログは『カービィファイターズ2』のプログラムディレクター大西が登場します。このブログではコックオオニシの方が通りがいいですね!さて新作のスイーツは登場するのでしょうか!お楽しみに~。