TOPハル研ブログ2020新人研修の今! 技術研修 デザイナー編

ハル研ブログ

新人2020新人研修の今! 技術研修 デザイナー編

2020年06月19日:吉岡

みなさんこんにちは!
2020年入社 新人デザイナーの吉岡です!

前回はたいち君が研修全体の内容についておおまかに説明をしてくれました。
今回はデザイナーの技術研修についてお伝えしたいと思います。

技術研修は開発環境のセットアップから始まり、3DCGソフト・2DCGソフト・自社開発ツールの研修を行っていきます。
パソコンが苦手でも安心!先輩方が丁寧に説明してくれる上、いつでも質問できるような空気感で研修は進んでいきます。

ツールに関しての解説やチュートリアルが終わると、それぞれのテーマに沿った課題制作を行います。
たとえば、ゲームのタイトルロゴのデザインを自分で考えて、アニメーションを付ける課題や、用意された仕様書に基づいて3DCGソフトでモデリングを行う課題などがありました。
私は3DCGに関して自信がなく少し心配でしたが、先輩方からのアドバイスのおかげで乗り切ることができました!

また、この技術研修を通じて、実際にゲーム開発で使われるグラフィックデータの作り方にはたくさんの制約や守るべきガイドラインがあることを知りました。これまで大学でも何かしらのデザインをしたり、絵や動画を制作したりと、もの作りの経験はあったのですが、このような制約はなかったので、仕事としてものを作る厳しさを感じました。

そんな技術研修が終わると、今度は新人だけでミニゲームを作るグループワーク研修が始まりました!
そう、現在私たちはこのグループワーク研修真っただ中なのです!

技術研修で覚えた技術や知識を実際に使って定着・向上させながら、ミニゲームという一つの形になるよう、みんなで作り上げていきます。
正直とても大変な毎日なのですが、それ以上に自分たちが考えたもの、作ったものが実際にコントローラーで動かせたり、ゲーム画面の中に映っていたりすると本当に感動します!

これまでの技術研修ではデザイナーだけで制作をしてそれで終わりだったのですが、このグループワーク研修では、企画職が考えた内容をもとにデザイナーが形を作り、プログラマーがそれを実際に動かせるようにするという、それぞれの職種の連携によってはじめて成り立ちます。
ほかの人に渡すためのデータ作りはとても丁寧に行わなければいけませんし、同じデザイナー同士はもちろん、他職種の仲間とのコミュニケーションは不可欠です。
研修中にも「コミュニケーションなしではいいデザインは生まれない」という言葉もありました。
私はついつい自分の作業に没頭してしまいがちなのですが、チームでものを作っていく以上、しっかりと意識していきたいポイントです!

それから、研修の一日の終わりには担当の先輩方と面談の時間があります。
面談といってもお堅いものではなく、仕事のことから私生活のことまで何か困っていることはないか、雑談も交えつつお話をします。
研修中にわからなかったことがあればここで質問をしたり、逆に先輩からアドバイスをいただいたりと、その日の不安はその日のうちに解決できるような体制になっています。(本当にありがたいです!)

以上、デザイナーの技術研修の様子でした!
グループワーク研修は今が頑張りどころ!新人デザイナー3人は毎日奮闘しております!
いいものができるよう、最後まで協力して頑張ります!

最後までお読みいただきありがとうございました!
次回もまた、同期の誰かが記事を書いてくれるようです。
そちらもどうぞお楽しみに!

タグ:
デザイナー