TOPハル研ブログプロコン2019 プロコン速報 vol.2

ハル研ブログ

プログラミングコンテストプロコン2019 プロコン速報 vol.2

2019年10月10日:プロコン広報

こんにちは、プロコン広報担当です。
早くも締切まで残り5日となったプロコン2019。
本日チャレンジスコアも発表しましたので、ぜひご確認ください。
今回も実行委員長に現在の様子とヒントを聞いてきましたので、
参加者のみなさん、引き続き上位入賞を目指して頑張ってください!

■実行委員長からのコメント

みなさん、作品応募ありがとうございます。
今年の問題はシンプルなルールに対してたくさんのアプローチ方法があり、みなさんにもたくさん考えていただけるようなよい問題ができたと、実行委員会でも非常にうれしく思い、戦況を見守っています。
さて、開催期間も中盤に差し掛かり、みなさんの戦略や解法の方向性が定まってきたのか、投稿ペースやランキングの変動は落ち着いてきたように感じます。しかし、なかには突然スコアが伸びている参加者もいらっしゃいますので、ここからはひらめきの勝負になってくるのではないでしょうか。

★チャレンジスコア発表!

本日チャレンジスコアを発表しました。
切りがよくて覚えやすく、またこれから本格的に問題に取りかかる方にも目指せるスコアということを考慮し、今回は77,777点に決定しました。
チャレンジスコアに到達された方のうち、抽選で5名の方に記念品を贈呈しますので、まずはこのスコアを目標にがんばっていただければと思います。

ということで、今回はチャレンジスコア到達につながるヒントをお伝えします。

まずは、どういう経路でエサを食べていくと効率がよいかを考えてみるといいかと思います。
そして一度求めた解を見返してみて、改善できるところを見極めて一つずつ試してみるなど、やれることは色々ありそうです。
パッケージに含まれているチェックプログラムのコードを見るとわかりますが、全てのステージは同じではなく、
・低いところが多いステージ
・高いところが多いステージ
・二つの中間のステージ
の3段階のステージがあります。ステージの特徴を踏まえてカメを動かすことで、効率よくエサが取れるようになるのではないでしょうか。

残り時間はあと5日となりましたが、3連休もありますので、ひらめきが降りてくるよう諦めずに頑張っていただけるとうれしいです。
ぜひ締切までプロコンをお楽しみください!

最後に・・・すでにお気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、今回のプロコンでは、10月8日にリリースした当社スマホゲーム『歩数で勝負!!カメさんぽ』のカメや世界観を有効活用しています。これは広告という意味合いより、自社のデジタルアセットを有効活用する試みなのです。
とはいっても、せっかくなのでトップページにこのゲームの公式サイトへのバナーを貼ってみました。興味のある方はぜひチェックしてみてください。

※この記事はプロコン2019との連動企画であり、プロコン2019特設サイトより転載しています。

プロコン2019特設サイト

タグ:
広報