TOPハル研ブログ新人が見た!ハル研ってこんなところ3選

ハル研ブログ

新人新人が見た!ハル研ってこんなところ3選

2019年05月20日:高原

こんにちは!
今回初めてハル研のブログに登場させてもらいました、企画ディレクションの高原です。
初めてと言いますのも...実は私は、入社してわずか2か月の新人です。今まさに、新人研修まっただ中です!

さて、今このブログを読んでくださっている方の中には、将来ハル研で働きたいと思ってくださっている方もいらっしゃると思います。
私も入社する前は「どんな会社なのかな?」と思い、ハル研の雰囲気を知ろうとこのブログを隅々まで読んでいました。
そこで今回は、私が新人として入社して分かった「ハル研ってこんなところ!」ということを3つ皆さんにお伝えしたいと思います。

①先輩との距離が近い!
入社してすぐに感じたことは、社内の先輩方との距離の近さです。
それは単純に、仲が良くフレンドリーであるということだけではなく、分からないことをすぐに聞くことができる体制が整えられているということです。

特に、入社したての私たち新人は日々分からないことだらけです...
そんな新人の為にハル研では、新人全員が集まる『朝会』や、一日の業務の終わりに先輩への質問タイムが用意されています。

『朝会』では、新人が順番にテーマに沿って自由に話をして、次に話す人を指名するリレー方式で進めていきます。
「そんな考えがあったのか!」「〇〇って面白そう!」と毎日新しい発見があります。この時間が私は大好きです!
また、先輩への質問タイムでは、新人研修担当の先輩に何でも質問や相談をして、分からないことをその日のうちに理解して業務を終えることができます。

覚えることがたくさんある新人研修ですが、このほかにも新人がより学びやすくなるように、たくさんのアイディアを詰め込んだカリキュラムを用意してくれています。
ハル研の「おもてなしの心」が新人研修にも表れていると思います。

②何事にも否定をしない!
社会人になり、仕事を始めた先に待っている大きな関門は、「正解のない仕事に立ち向かっていかなくてはならない」ということです。
加えて、先輩方が仕事で常識だと思われていることや、細かな決まり事など...入社したての新人は分からないことばかりです。
なので、的外れな質問や考えを言ってしまうこともあるのですが、ハル研ではそのことに対して笑う人も責める人もいません。
「どんなものにも必ず当たり前があるわけではなく、失敗から学ぶことが大切である」という考えが根付いているからだと思います。

常にチャレンジができ、失敗を寛容に受け止めてくれる環境なので、「新しいことにどんどん挑戦しよう!」という活気を日々感じています。

③休み時間は無礼講!
ハル研では様々な活動が盛んです。
部として発足しているものや、有志が集まってその都度企画を立ち上げているもの、ゲーム会社らしく休み時間や休日にゲーム対戦をすることもあります!

気軽に交流を持てるようにと、新人の私たちにも声をかけてくださるので、休み時間には、新人vs先輩の激しいゲーム対戦が繰り広げられているとかいないとか...
実は私も、時間が合えば対戦の場にお邪魔しております。
(先輩方にはまだ勝てていません...!)

以上、「新人が見た!ハル研ってこんなところ3選」でした。
いかがでしょうか?ハル研の雰囲気を少しでも伝えることができていれば幸いです。

最後に...これから就職活動や転職を考えていらっしゃる方に、少しだけ私からエールを送らせていただきます。

私は第二新卒としてハル研に入社しました。

ゲームという新しい道に一歩踏み出すか、それとも踏み出さないか、日々悩み続けておりましたが...思い切って一歩を踏み出すことで、自分の可能性がまだまだあるということを知りました。

もし新しい道を前に悩んでいらっしゃるのなら、どうか自分の可能性にストッパーをかけずに、とりあえずは思いっきりチャレンジをしてみてください!
結果がどうであれ、踏み出した後と前では何かがきっと違うはずです。

そして、「ハル研にチャレンジしたい!」と思っていらっしゃる方、ぜひチャレンジしてください!
先輩方が私にしてくださるようなサポートを、今度は私がみなさんにできるよう、今から頑張ります!

長い文章にお付き合いいただき、ありがとうございました。
今後も、他の新人メンバーによる記事が掲載される予定ですので、どうぞお楽しみに!