TOPハル研ブログおめでとうカービィ!生誕27周年を祝して

ハル研ブログ

お知らせ・ご挨拶おめでとうカービィ!生誕27周年を祝して

2019年04月27日:熊崎

みなさん、こんにちは。
星のカービィシリーズ、ゼネラルディレクターの熊崎です。

本日4月27日は、星のカービィの誕生日です!
カービィは今日、生誕27周年を迎えました。

あきれかえるほど平和な国で暮らすカービィは、ゲームの世界では、その平和なお昼寝タイムを守るため、強敵たちとの戦いを繰り広げて来ました。

キョトンとした顔をしながらも、気づいたらとてつもない壮大な敵を相手に世界をかけたラストバトルを繰り広げている...それもまた、カービィの世界の醍醐味の1つです。

しかし最近では、新たなカービィの日常も、目に触れる機会が増えてきたのではないでしょうか。
星のカービィの世界は、25周年の記念イヤーを経て、活躍の場を、グッと広げられました。

カービィというIPを、ブランドを、スタッフ一同で丁寧に育てあげ、これまでまだトライした事の無い様々な事へもチャレンジできるようになりました。
皆さんも様々なイベントやショップ、身近なコンビニエンスストアなどでも、カービィの姿を目にされる機会が増えたかと思います。

その結果でしょうか!
ありがたいことに今年、週刊ファミ通さんより、ファミ通アワード2018にて「最優秀キャラクター賞」をいただきました!
スタッフ一同、感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございました!

週刊ファミ通さんからはこれまでにも、『星のカービィWii』から最新作の『星のカービィ スターアライズ』まで、王道カービィタイトルでは4作品連続でプラチナ殿堂入りという、嬉しい評価をいただいていました。

ですが、今回はとても珍しい「最優秀キャラクター賞」を、カービィというキャラクターが受賞したのです!
こちらはゲームファンの皆さんから選んでいただいたということで、また格別の嬉しさがあります。
重ね重ね、ありがとうございます!
そして...おめでとう。カービィ!

さて、近年はかつてに比べ、ゲーム作品も良いタイミングで計画的に、コンスタントにリリースできるようになりました。
カービィというキャラクターも、ひと回り大きく成長したように感じています。

25周年から今年までのゲーム作品を振り返りますと、『みんなで!カービィハンターズZ』、『カービィのすいこみ大作戦』、『カービィ バトルデラックス!』、そして昨年末まで無料アップデートを行った『星のカービィ スターアライズ 』。
今年に入ってからも『毛糸のカービィ プラス』がリリースされるなど、王道アクションに限らず、様々なゲーム作品を楽しんでいただけるようになりました。

このように星のカービィは、様々なゲームの世界を旅してきましたが、あの25周年を転機に、カービィはゲームの世界だけにとどまらず、グッズやフェアなどの、独自の世界でも元気に旅を続けています。

ハル研究所のイベントやグッズを企画するスタッフも、やはりゲーム開発と同様にハル研らしく、毎回「そこまでやるの!?」というほど、1つ1つ丁寧に、かつ大胆にチャレンジする事も忘れず、カービィと共に全力でトライし続けています。

そういう部分では何と言いますか、色々と「度外視」でやりすぎていて、ビジネスとしてはホント不器用...ですね(汗)
モノづくりを通して、「やりすぎるくらいやれば、みんなに楽しんでもらえるのでは!」という気持ちで、今も取り組ませていただいています。

もちろん初めてのチャレンジもありますので、未知のトライには毎回、未知の苦労や不安もあります。
自ら高いハードルを課して、大変な思いをすることもありますが、何よりもまずはチャレンジしてみなければ!!と、声を掛け合い、ファンの皆さんの、そしてカービィの満面の笑顔に支えられ、今日までの盛り上がりに繋げられました。

ただ、そんな今の盛り上がりも、私はまだまだカービィの長い旅の通過点を過ぎただけだと思っています。

我々スタッフも日々、未来へ向かい成長しています。
1人でも楽しんでいただけている方がいる限り。
世界で新たなカービィを待ち望んでいるファンの方がいる限り、カービィと共に成長しながら、時に楽しく、時に真剣に、新たなチャレンジをしていきたいと考えています。
未だ見ぬ世界へ歩みだすカービィの未来に、どうぞご期待ください!

最後に改めて...本日はお誕生日、おめでとうございます!
そして、これからもよろしくね、カービィ!


ファミ通アワード2018の授賞式会場にて。カービィの生みの親であるソラの桜井さん(中央)、弊社社長の川瀬(左)と記念撮影。