TOPハル研ブログ『シンフォニック・ゲーマーズ3―そして僕らは強くなる―』公開収録を見てきました

ハル研ブログ

仕事内容『シンフォニック・ゲーマーズ3―そして僕らは強くなる―』公開収録を見てきました

2018年12月06日:安藤

こんにちは、サウンドクリエイターの安藤です。
先日NHKホールにて行われた「シンフォニック・ゲーマーズ3」の公開収録で、『星のカービィ スーパーデラックス』から合計8曲が演奏されました。当日は私も収録を観覧してきましたので、その様子をお伝えします。

「シンフォニック・ゲーマーズ」とは、機種やメーカーの枠を超えて、広くゲームの音楽をオーケストラで演奏するという趣旨のNHKの番組で、2016年に第1弾があり、今回で第3弾を迎えるほどに評判の高い企画なのですが、そんな中でカービィの曲がプログラムに入るのは、実は今回で2度目となります。これも、カービィを応援してくださっている皆様のおかげだと思っております。

しかも、今回はカービィの曲がこの日の演目の最後、いわゆる「トリ」ということで、うれしい限り。
私自身、今回の演目曲の元となるスーパーファミコンソフト『星のカービィ スーパーデラックス』を制作しているところを見てきているし、そのリメイク版であるニンテンドーDSソフト『星のカービィ ウルトラスーパーデラックス』の制作には参加しているので、これらの曲については、充分過ぎるほどに良く知っているわけですが、私は今回の演奏曲については直接の作曲や編曲を担当していなかったので、多少気楽に聴くことができました。......と言いたいところなのですが、実際は良い意味での緊張感を持って、勢いのある演奏を楽しむことができました。

というのも、原曲はコンピュータで演奏することを前提に作曲していて、スピードや音数など、そのままでは人間には演奏できないような楽譜になっているのですが、それを原曲の雰囲気を重視してアレンジしてくださっている上に、とてもサービス精神あふれるものだったからです。ですので、アレンジされていると言っても、かなり演奏するのが難しそうな感じでした。
しかし、さすが特別編成されたハイレベルな奏者の方々だけあって、正確に鳴らすのが難しいような高い音や手の混んだフレーズも見事にこなされており、大変に盛り上がる演奏でした。
まさに、このメンバーの実力を見越した上でのアレンジ、そして演奏だと思いました。

他にも、各楽曲のことや、司会、ゲストの方々の面白さなどについても語りたいところではありますが、ちょっと書ききれないので、あとは実際の番組を見ていただければと思います。

この収録の様子は、12月8日(土)午後11時45分~、 NHKの BSプレミアムにて、「シンフォニック・ゲーマーズ3―そして僕らは強くなる―」として放送されます。この日、来られなかった方はもちろん、来場された方も、録画して何度も繰り返し鑑賞したくなるような素晴らしい内容ですので、ぜひともご覧ください。

シンフォニック・ゲーマーズ3―そして僕らは強くなる―