TOPハル研ブログ【企画ディレクションの仕事】ゲームを完成に導く

ハル研ブログ

仕事内容【企画ディレクションの仕事】ゲームを完成に導く

2018年07月30日:豊

こんにちは、企画ディレクションの豊です。
暑い日が続きますね。私はクーラーにすだれ、扇風機、サーキュレーターと、万全の状態で夏に臨んでいます。(それでも暑い!)

さて今日は、企画ディレクションの仕事についてご紹介します。

ハル研では、企画職全般を総称して「企画ディレクション」と呼んでいます。
その仕事内容ですが、たとえばアクションゲームの場合、

・ゲーム企画立案、企画書作成、プレゼン
・遊びの検証
・プレイヤーキャラクターの仕様作成、監修
・敵やギミックの立案、仕様作成、監修
・シーケンスの仕様作成、監修
・ステージの構成検討、作成
・ストーリーの検討、デモの監修
・BGMの監修
・ゲーム内テキストの作成

などなど。
全部挙げるとキリがないので、これくらいに...。

お気づきかと思いますが、この仕事は「面白いゲームの企画を考えて終わり」ではありません。開発チームのみんなと協力し、ゲームを構成する楽しさを一つずつ丁寧に作り込んで、自分が考えた企画に責任をもって最後まで監修し、「ゲームを完成に導く」ことが、企画ディレクションの仕事なのです。
言葉にすると、なんとも責任重大な仕事ですね!

とはいえ1人で全部をこなすわけではなく、複数人で分業してゲーム開発を進めます。Nintendo Switchソフト『星のカービィ スターアライズ』を例として挙げると、企画ディレクションと呼ばれるスタッフの数は、途中参加のスタッフも含めて「8人」でした。

その中で私が担当したのは「レベルデザイン」という役割で、「ステージ作成」が主な仕事になります。ステージとは、プレイヤーが冒険する舞台のことで、ゲームの面白さや難易度を左右する大切な要素です。

一口にステージ作成といっても、
「地形を作って、敵を配置して、ギミック(仕掛け)を置いて、完成!」ではありません。
ステージを完成に導くためにやるべきことはたくさんありますが、その中で特に大切なものを4つ紹介します。

・ステージの設計
レベルデザインディレクターが「ゲーム全体のステージ設計」を決め、それをもとに「各ステージの設計」を行います。遊びのテーマ、ステージの概要図、メインで登場するコピー能力や敵、ギミックを書いた、まさに設計図です。 「このステージでは、こういった遊びを作ります!」ということが一目で分かるものですね。

・敵やギミックの調整、監修
敵やギミックを配置してみて、狙った遊びが作りづらければ、挙動調整を行います。
例えば、「バウンシー」というジャンプする敵で、「タイミングを狙う遊び」を作るとします。そのためには、「隙」を作る必要があります。隙のない敵は、タイミングの狙いようがないですからね。着地のタイミングで隙ができるように調整することで「着地を狙う遊び」が作りやすくなります。また、ジャンプの頂上に隙を作ることで「ジャンプの頂上を狙う遊び」や「ジャンプした時にダッシュで走り抜ける遊び」が作りやすくなります。

・装飾の監修
デザイナーさんに装飾(ステージに草を配置して草原にするなど、ステージのモチーフに合ったデザインを行うこと)をしてもらう際、「このギミックはもっと目立つようにしてほしい」、「ここの隠しルートは、注意深く見ていたら気付ける程度に隠してほしい」、といった要望をデザイナーさんに伝え、調整、監修を行います。装飾してもらった後もステージを遊んでみて、要望があれば1つ1つ相談しながら調整していきます。

・全体調整
全ステージを見て、全体の要素を調整します。予めステージ設計は行っていますが、作りながら調整を入れていくため、最終確認も必要です。コピー能力や敵のバランス、回復アイテムの配置量などを、遊んで確認しながら調整していきます。

...と、様々な調整と監修を経て、ステージ完成に辿り着きます。
「ステージ作成」だけでも、やるべきことは盛りだくさんです。

今回はレベルデザインを例に挙げましたが、企画ディレクションという職種では「ゲーム全体を見る」ことが重要です。例え自分の担当外のパートであっても、内容を把握しておくことで、担当パートについても適切な判断・監修ができます。

「炎が弱点のボスなのに、そこまでにファイア能力が1つも出てこない!」
なんてことにならないように、他の企画スタッフとしっかりコミュニケーションをとって、全体把握することが大事です!
それに、他のスタッフと話し合うことで、自分のアイディアがさらに良くなったり、新しいアイディアが生まれたり、なんてこともよくあります。

企画ディレクションの仕事について、一部ですが紹介させていただきました。
少しでもみなさんに伝わったなら嬉しいです。

そして最後にお知らせです。本日7/30(月)から、インターンシッププランナーコースのエントリー受付が始まりました!
この企画ディレクションの仕事やチームワークを体験できる機会ですので、この仕事に興味のある方は、インターンシップサイトからぜひエントリーしてください。
私も講師として参加しますので、みなさんにお会いできるのを楽しみにしています!
■インターンシップサイト プランナーコース