TOPハル研ブログ25周年のフィナーレに『星のカービィ スターアライズ 』本日発売!

ハル研ブログ

仕事内容25周年のフィナーレに『星のカービィ スターアライズ 』本日発売!

2018年03月16日:熊崎

みなさん、ジャマハローア!(意:こんにちは!)
星のカービィシリーズ、ゼネラルディレクターの熊崎です。

本日3月16日は、そう『星のカービィ スターアライズ 』の発売日となります!
北米や欧州でも同日発売となっております!

Nintendo Switchに登場する、初HD化作品となった王道カービィ。

これまでに私たちが培ってきた、技術と経験を詰め込み、王道カービィの決定版となるよう開発してきました。
本日無事に、ファンの皆さんと共に発売を迎えられた喜びをかみしめています。

王道カービィは常に、「これでもか!」と、その時持てるチームのパワー限界まで作り込んで、シリーズを続けてきましたが、今回も日々、試行錯誤の連続でした。

この、たった「1本のソフト」に、限られた期間と技術をフルに使って、カービィの楽しさを濃密に詰め込んだものを、こうして無事、仕上げられたのは、25周年を共に歩んで来たファンの皆様があってのことだと思っております。

HD機では初の王道カービィにして、シリーズ類を見ない、高い自由度を感じさせる、メンバーをいつでもとっかえひっかえできる4人同時プレイ。最大収録数のコピー能力。それを盛り上げる数々のフレンズヘルパーに新たなアクションのフレンズ能力。

開発チームがかけられるパワーは有限で、きちんと分配しなければ、作りたいもの、作らなければならないものに押しつぶされてしまいそうでした。

その中でも、一番に力を入れて取り組んだのが、やはりフレンズを中心とした、「プレイヤーキャラクター」のアクションに関わる部分です。

ステージ、ボス、ギミック、プレイヤー。
サウンドやビジュアルなど1つのゲームは有限な器に対し、様々なもので成り立っていますが、今回も全方位に濃く作りつつも、フレンズヘルパーをはじめ、プレイヤーキャラには格段のパワーを注いで制作しました。

本作はマルチプレイヤー同士のアクションも多彩で自由で、そして「いつものカービィらしさ」がありながら、どこか「新しいカービィらしさ」も感じていただけると思っています。

例えば、カービィがハートをぶつけて、次々とフレンズを生み出す本作。
ごく自然に仲間を作っている感覚になりますが、じつは、カービィが吸い込みアクションをせず、仲間を増やしています。
これまでの王道カービィのアイデンティティは吸い込みでしたが、今回は全く新しいアクションを、これまでのカービィらしさを感じさせつつ取り入れているのです。

ハートで仲間を作るというアクション以外にも、カービィらしいけど新しい、数々の新要素が盛り込んでいます。

CPのフレンズにおんぶして乗れば操作を奪える「のっとりおんぶ」、フレンズを吸って飲み込んでも仲間にしてしまえる「フレンズすいこみ」、HPゼロになってしまったフレンズを助けられる「ゆうじょうのふっかつ」などなど、プレイヤーを、そしてマルチプレイを盛り上げる様々な新しいアクションが実装されています。

そんなフレンズ達の冒険の果てに待ち受ける、物語とは...!?
今作では冒険の舞台の移り変わりも特殊なものにしました。

プレイヤーが感じられるワクワクのテンポ感もいつもと違い、ちょっと今の時代に合わせて(?)早い展開での、スピーディなクライマックスへの盛り上がりを演出できないか、と考えたものになっています。

テンポよく訪れるクライマックスの連続から、新たなワールドが開かれた瞬間に、また新作王道カービィがスタートしたような感覚も目指しました。

そしてそんな大冒険の果て、ラストにはカービィの前に立ちはだかる巨悪との戦いが待っています。
まるで1つの組曲のような重厚で熱い最終決戦を、是非、その目で耳で、そしてハートで感じていただければと思います。

どんな強敵が現れても、フレンズたちとの熱い友情があれば、きっと勝てるはずです。
挑むフレンズメンバー、集まってくれた友達により、毎回違ったドラマが生まれますよ!

最後に。
カービィの面白さを、次の時代の子供たちへ、そしてもっと広く世界届けたい。
その一心でチーム一同、全力で走り続けました。
かつて、発売されなかったタイトルの苦労や、私を含め様々な思いがあった開発メンバーの心と共に、本作は発売となり、星のカービィ25周年のフィナーレを飾ります。

カービィカフェやカービィコンサートなど、様々なイベントを経て、多くのお客様に愛されたことを実感し、25年続いた若き旅人である星のカービィの冒険の果てに、本作の旅の舞台が待っています。

25年続いた王道カービィの集大成を、みんなでワイワイと、時に熱く、時に笑いながら、遊んでいただければと思います。

それでは、また。
...ジャマサラーバ!(意:さようなら!)

『星のカービィ スターアライズ』公式サイト