TOPハル研ブログPasocomMiniを静岡ホビーショーに出展しました

ハル研ブログ

仕事内容PasocomMini<パソコンミニ>を静岡ホビーショーに出展しました

2017年05月16日:郡司

こんにちは。ハル研ブログには初登場となる、パソコンミニ開発ディレクターの郡司です。

5月11~14日に開催された静岡ホビーショーに、当社が開発し、発売予定のハードウェア「PasocomMini<パソコンミニ>」を出展しました。
また、ショー初日の5月11日より公式サイト、公式Twitterを開始し、プレスリリースを行ったところ、多くのWebメディアでパソコンミニをご紹介いただきました。
実際にホビーショーに足を運んでくださったみなさん、パソコンミニを話題にしてくださったみなさん、本当にありがとうございます!
予想を遙かに超える反響をいただき、スタッフ一同、まずは「PasocomMini MZ-80C」をしっかり完成させようとキモに命じた次第です。

このパソコンミニですが、ハル研究所としては、本当に久しぶりのハードウェア発売となります。
(現在、ハル研究所は、主にゲームソフトウェアの開発会社として認知されているかと思いますが、歴史をひも解くと、実はPCGやジョイボールなど、ハードウェアの開発・販売も行っていた会社なのです。もちろん、ご存じの方はご存じの情報かとは思いますが)

パソコンミニの企画自体は、実は結構前から開始していました。思い返せば2015年の10月某日までさかのぼります。
久々のハード開発ということで、どんなパッケージングにするかはもとより、どのメーカーさんにお願いすれば筐体製造をしてくれるのだろうか、そして実機を販売されていたパソコンメーカーさんにはどの部門に連絡を差し上げたら良いのかなど、諸々体制を整えるために時間がかかってしまいました。

また、開発を進める上で、まずは自分たちで筐体を実際に製作し、大きさやギミックの検分をすることが必要だろうと考えました。
始めに弊社保有の3Dプリンタを使って作ったところ、エッジが甘く噛み合せも悪かったのでどうしたものかと悩みましたが、使ったことは無いながらも、より精細な筐体を作ることができるであろうCNCフライス盤を意を決して購入し、製作を進めていきました。
もちろん、筐体の製作だけでなく、実機の動作の検分も必要です。オシロで波形を観測したり、ロジアナで信号の並びを確認したり、回路図だけでなく実機でも実際に動作を検証し、エミュレータに反映・再現することに努めました。
そしていろいろと試行錯誤の末、やっと人前に出せるまでの精密モデルを用意できるまでになり、今回、発表・出展することができました。まずは第一段階クリアといったところです。

このほか、開発にあたってのアレコレは、Webメディア「AKIBA PC Hotline!」さんのインタビューでお話しさせていただきましたので、ぜひご覧ください。

よく聞かれるのですが、「コンピューターなのに、なぜホビーショーに出展したのか?」と言いますと・・・
私は入社以来、ずっとソフト畑で開発をしていたのですが、ハル研自体が元々ソフトもハードも手掛けていた会社ということもあり、「ソフトとハードが融合したものを作りたい」と常々思っていました。
そんな中で、数年前、個人的にホビーショーに行き、すごい衝撃を受けたのです。
「メーカーもユーザーも、モノを作るということにこんなにも情熱を傾けているなんて!」と。
その時から、いつか自分もこの場に何かしらのモノを発表したい!と強く願っていました。
そんな思いも通じてか、今回、青島文化教材社という素晴らしいメーカーさんに筐体製作をお引き受けいただくことができ、またアオシマさんのブースの一角で、晴れてパソコンミニをホビーショーで発表することができたのです。

ホビーショーでは、4日間、説明員としてブースに立たせていただきました。
足を止めてくださったお客様は、パソコンミニを見ると、最初はプラモデルやフィギュアだと思われる方も多く、「実際に動くんですよ」とご説明すると驚かれていました。
ご質問にお答えするうちにお客様と昔話で盛りあがったりするのも楽しく、Webメディアでのご紹介やTwitterでのクチコミのおかげもあって、お客様の期待をヒシヒシと感じることができました。

また、すがやみつる先生描き下ろしのパソコンミニの説明マンガを掲載したチラシも大好評でした。
おそらく、この世代の方にはお宝級かと!
すがやみつる先生、お忙しい中、快くマンガを描き下ろしてくださり、ありがとうございました。

無事にホビーショーでのお披露目が終わり、あとは発売に向けて着々と準備を進めていくだけです。みなさんに満足していただけるよう、完成度を高めていきますので、どうぞご期待ください!

なお、パソコンミニ公式サイト、公式Twitterでは、基本情報のほか、今後も続々と情報を掲載していきますので、ぜひご覧ください。
パソコンミニ公式サイト
パソコンミニ公式Twitter


ホビーショーのブースで、プロデューサーである三津原社長と記念撮影。右側のボウズの方が私です。