TOPハル研ブログ復活!「月イチイラスト部」

ハル研ブログ

サークル復活!「月イチイラスト部」

2017年01月30日:菅野

どうもこんにちは。ゲームビジュアルデザイナーの菅野です。
2017年が始まってもう一月が経ち、時の早さを感じざるを得ない昨今ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
うっかりしていると1年があっという間に過ぎてしまうなんてことはよくある話で、目標を持って1年過ごしたいなぁ~なんてありきたりなことを思っておりますが・・・

実は、以前このブログでも紹介された「月イチイラスト部」という活動を、1年ほど休止していました。

「月イチイラスト部」とは、「月」に「イチ」度「イラスト」を描いて、みんなで楽しむ「部」活動です。
毎月テーマが出され、それに沿ったイラストを描いて社内ウェブサイトに投稿し、みんなのイラストを見てワイワイ楽しむといった活動でした。

まぁ、ただワイワイ楽しむというだけではなく、他の社員のイラストを見ることでお互いの得意不得意が見えてきたり、普段描かないテーマのイラストを描くことで自分の引き出しを増やせたりと、仕事にも還元できるというなかなか素晴らしい活動でした。

そんな「月イチイラスト部」だったのですが、プロジェクトが忙しくなるとイラストを描く時間が割けなくなって徐々に投稿数も減って行き、一旦休止にしようということになりました。

ただ、忙しさが落ち着いてからも、「復活させても投稿してくれる人が少ないんじゃないか?」という不安もあり、イラスト部の存在を見て見ぬふりして過ごしていましたが・・・新人デザイナーさんたちから再開を待ち望んでいることを聞き、他の社員からも同じように再開を望む声があがり、自分が先輩デザイナーから運営を引き継いで、1年ぶりに活動を再開させるという流れになりました。
はじめは自分たちの楽しみや、技術向上のために行った活動が、社内の文化として定着し、他の誰かに望まれる活動になっていたということはちょっとした感動でした。


今回、新人デザイナーさんからの声があったので思ったのですが、デザイナーなど絵に関わる職業、または趣味を持つ人にとっては、イラストなどの作品は名刺代わりみたいなところもあると思います。

先輩たちがどんな人で、どんなものが好きなのかを知るために、その人が描いたイラストを見るということは、一つの良いきっかけになるんだろうなぁと思います。
逆に新人さんがイラスト部に参加してくれると新人さんたちの好みもわかり、お互いをよく知るきっかけになるわけで、イラスト部の当初の目的である「お互いの得意不得意を知り、仕事に生かしたい」という目標が広い意味で達成されたなぁと感じます。
そして、これから将来入社する新人さんたちとお互いに分かりあうためにも、「月イチイラスト部」は続けていかないとなぁと思うわけです。

久々の再開となった今は、みなさんモチベーション高くイラストを投稿してくれています。
入社20年以上の先輩から新人さんまでのデザイナーさんたちを始め、企画職やプログラマーさんたちからもイラストの投稿があり、非常に活気づいています。
みなさんの熱のこもったイラストを見ると、凄いと思うと同時に焦りを感じ、その焦りが次の作品へのモチベーションになります。
身近な人の作品は、遠くの誰かの作品を見たときとはまた違った感覚にさせてくれます。

今も、2月のお題「理想のお部屋」について少し構成を練っていますが、そういった自分の作品を作るのは仕事とは違った充実した時間が過ごせて、やはり絵を描くのは楽しいなぁとまた実感させてくれます。
ただ、熱が入りすぎて本業に支障が出ないように気をつけないといけないですね。

さて、あと2ヶ月ほどすると、次の新人さんたちが入社します。
どんな絵を描いてきたのでしょうか?イラスト部参加してくれるかなぁ~?
今から楽しみです!

【画像】1月のお題「年賀状」に投稿した私の作品

タグ:
デザイナー