TOPハル研ブログデザ部特別編「オススメ東キョロスポット特集!」

ハル研ブログ

研修・セミナーデザ部特別編「オススメ東キョロスポット特集!」

2016年08月05日:桐野江

こんにちは、ゲームビジュアルデザイナーの桐野江です。

8月に入り世間はすっかり夏休みムード。
外に出ると子供が走り回りはしゃぐ声が聞こえてきます。

ハル研も8月10日から夏休みに入ります。
ゲーム会社って長期休暇とかないんじゃないの・・・?
なんて思われる方もおられるかもしれませんが、ハル研は休める時はガッツリ休みます。
今年は7日間の夏休みとなりました!
皆さん旅行の予定を入れたり、ゲーム三昧の為にゲームを買ったりとお休みに向けて楽しそうです。

さてそんなお盆休みに向けて、デザイナーの勉強会「デザ部」では少しおもしろい特集を組みました。
題して「オススメ東キョロスポット特集」です!
デザ部の詳しいことは、こちらの記事をご参照ください。

デザ部では、いつもは技術やデザインの知識などのカッチリした講義が多いのですが、今回は「東キョロを使って行ける楽しい場所を皆で教えあおうよ!」ということで、雑談を交えたフリートーク形式でざっくばらんに行いました。
集まったデザイナーで「ここがいい」「あそこがおもしろい」と意見を出し合い、終始明るい雰囲気の中、たくさんの東キョロスポットの情報が集まりました。

すべてを紹介することはできませんが、オススメの場所を少しだけ皆さんにもお教えしたいと思います!

一つは東京インターメディアテク。
東京駅から近い博物館で、帝大時代のものが多く、アカデミックで重厚な雰囲気に満ちており、19世紀にタイムスリップしたかのような内装となっています。数多くの骨格標本や明治時代に使っていた品などの様々大量の展示を無料で見ることができ、キャラクターを作る時やファンタジーな世界観の参考に役立ちそうです。

資料集めにピッタリな、デザイナー向けの本が数多く売られている店を多数紹介してくれたデザイナーさんもいました。
中でも気になったのは、吉祥寺にあるレトロな雰囲気が素敵な書店「百年」です。
洋書や古書を中心に扱っており、狭い店内に本が所狭しと詰まれていて隠れ家的な雰囲気があり、見ているだけでワクワクするようなお店です。店内のレイアウトもお洒落で置いてある本のラインナップも秀逸らしいので、吉祥寺に行く際は是非足を運びたいですね!

他にも、ビーカー、フラスコなどを日常雑貨に加工して販売している「リカシツ」や、武器屋さん「武装商店」(本当に武器が売ってます)、尖ったデザインの雑貨が揃っているショッピングモール「2k540」など、ちょっと変わった場所の情報も多数出てきました。
こんな場所が飛び出してくるのも、デザイナーの集まりならではですね!

デザイナーは日々の発想が大事な職種です。
キャラクターにしても、UIデザインにしても、日常で見かけた「これいいな」が良いデザインへ繋がっていきます。日々驚きに出会い、感性を磨く・・・その為に情報やモノが集中する東京に出かけるのはとても効果的で、東京近郊に気軽に行くことのできる「東キョロ」はとても良い制度だと思います。

私はそんな東キョロで得たものを社内の人ともっと共有し、次に活かしたいという思いから、今回の議題を提案しました。
開催する前は「技術的な話じゃないし、盛り上がらなかったらどうしよう・・・」と不安もあったのですが、実際にやってみたら和気あいあいとたくさんの意見が出て、とても有意義な時間を過ごすことができました。

東キョロスポット特集で得た情報のおかげで、夏休みはいつにも増して充実して過ごせそうです。
しっかり休んで楽しんで、ゲーム作りに活かせたら良いなと思います。

タグ:
デザイナー