TOPハル研ブログ模型コンテスト

ハル研ブログ

サークル模型コンテスト

2016年06月15日:上武

こんにちは、上武と申します。
今回のハル研ブログでは、仕事の話題から離れて、「模型コンテスト」という有志開催のイベントを紹介させていただきます。

おそらく皆さんが想像される模型コンテストのイメージとは、ハイクオリティな作品がたくさん出展されていてその良し悪しを競う本気のイベントではないかと思います。
しかし、我々が開催している模型コンテストはだいぶ様子が違い、趣味で作ったいろいろなモノを会社の会議室に持ち寄って見せ合うだけのゆるーいイベントです。

実はハル研究所には、山梨開発センターにも東京開発センターにも、会社にいる時間はずっと本気でゲームを制作しているのに、家に帰ると今度は趣味でいろいろなモノづくりを楽しんでいるという、朝から晩までモノを作るのが大好きという人が結構いるのです。
そこで、「趣味で作ったモノを互いに見せ合いっこしましょう!」と周りの人を誘って始めたのが、この「模型コンテスト」なのです。

互いの趣味を見せ合うのが目的なので、出展作品のほとんどは趣味丸出しの作品が多くて、仕事で作るモノとは一味違うノリのモノがほとんどです。
過去にあった印象的な作品としては、

・粘土で1から作ったゴブリンの胸像
・ノスタルジックな雰囲気のタバコ屋さん
・オリジナルデザインの飛行機
・2センチ程度の消しゴムの人形

がありますね。
これらの作品はとても手が込んでいて、クオリティも高くて見応えがありました。
その一方で、いい意味でゆるい作品もあるのですが、これらも楽しんで作っている気持ちが伝わってきて、見ていて楽しいです。

私はだいぶ長い間ゲーム制作に関わってきていますが、未だにゲーム作りを楽しく感じるのは、全力で商品を作る時だけでなく、いい感じに手を抜いて楽しんでモノを作る気持ちも大切にしてきたからかな?と最近考えるようになってきました。
これからも本気の仕事とゆるーく楽しむ趣味とで、上手にバランスをとりながら頑張っていこうと思います。