TOPハル研ブログキャラクターグッズのデザイン制作

ハル研ブログ

仕事内容キャラクターグッズのデザイン制作

2013年02月08日:仲上

こんにちは、グラフィックデザイナーの仲上です。

グラフィックデザイナーの仕事はゲームパッケージのデザインやキャラクターイラストの制作、タイトルロゴのデザイン、時にはwebサイトからお歳暮の熨斗紙や年賀状のデザインまで......
その仕事内容は実はとっても幅広いのをご存知でしょうか?

今回は実際のアイテムを例に、グラフィックデザイナーの大きな仕事の1つである 「キャラクターグッズのデザイン」についてお話したいと思います!

右の画像は、全国4会場で開催の「次世代ワールドホビーフェア '13 winter」で販売されているカービィのクリアファイルです。こちらのデザインも、もちろんグラフィックデザイナーの手によるものです。

今回のクリアファイルは3種類となっていますが、あえて統一性のないデザインとなっています。それはなぜかというと、幅広い年代の方が訪れるイベントの中でお気に入りの一枚を見つけていただくとともに、カービィの幅広い魅力をお伝えするためです。せっかく3枚もカービィのクリアファイルがあるのに、似たりよったりのデザインだとつまらないし迷ってしまいますよね。そこでグラフィックデザイナーチームで入念な打ち合わせの末決定したのが、この3デザインなんです。

まず、上から1枚目の『エネミー大集合!』ですが、こちらは『星のカービィ 20周年スペシャルコレクション』のゲームパッケージでカービィが大集合しているイラストの敵キャラバージョンとなっています。
もちろんカービィの敵キャラはここに載っているものが全てではないので、デザインする際には「ああ、あのキャラも載せたい」「このキャラも載せたいのにスペースが...」「本当は全員載せたいのに~!!」と四苦八苦することとなりました。

また、中心から放射状にキャラクター達が飛び出しているように見せるには、これまでにグラフィックデザイナーチームで制作してきた膨大な量のアートワーク素材の中から、配置に合った方向を向いているキャラのイラストを探し出す必要があったので、なかなかの大仕事となりました。

そして何より、先輩デザイナー達がこれまでに手がけられてきたキャラクターイラストを使用してのデザインとなりますので、責任とプレッシャーも大きい一枚でした。
あなたのお気に入りの敵キャラはいましたか?「あ、こんな所にあのキャラが!」と少しでも楽しんでいただけるとうれしいです!

次に2枚目の『カービィ&ワドルディ』。
こちらは大人の方でも末永く使っていただけるように、飽きのこない総柄のデザインにしました。全部同じイラストかと思いきや、実は違うポーズのカービィやワドルディが混じっており、ちょっとしたポイントになっています。ちなみに私は裏面の寝ているワドルディがお気に入りです(笑)。

さらに裏面に入った「星のカービィ20周年」のロゴマークは、なんとカービィがワドルディに置き換わった特別バージョン!
ここでしか見ることのできない限定のロゴマークとなっております!このデザインは、日常にさりげなくカービィを取り入れたい方にオススメしたい1枚です。私もさっそく仕事で愛用中です!

最後に3枚目の『みんなでハイポーズ!』。
カービィ達がみんなで記念撮影!?というストーリーの1コマを切り取ったようなこのデザインのテーマは、「元気いっぱい!」。見た人にカービィ達のパワーと笑顔を最大限に感じ取っていただけるように、画面を大きく使ってその表情にクローズアップしました。使っている人がカービィ達の笑顔を見て思わずにっこりしてしまう、そんな1枚にできればと思いデザインをしました。

また、裏面のカメラマンワドルディは先輩デザイナーによる描き下ろしですが、ワドルディにどんな帽子を被せるか、グラフィックデザイナーチームで大いに盛り上がりました(笑)。

私達グラフィックデザイナーがキャラクターグッズのデザインをする際に大事にしていることの一つは、「手に取る方の目線に立つこと」です。

手に取りたくなるようなデザイン... それはキャラクターグッズに限らずゲームソフトのパッケージをデザインする時にも共通することですが、「手に取ると、思わず笑顔になるようなデザイン」、それすなわちカービィの魅力と元気さを伝えるということではないかなと思って、日々グラフィックデザインの仕事に携わっています。

今回も、実際にイベント会場でこのクリアファイルを手に取って笑顔になられている方達を目撃し、「上手く伝わったみたい...やった!」と小さくガッツポーズする瞬間、その時まさにこの仕事のやりがいを感じるのです。それはもう嬉しいの一言!

今回のクリアファイルに限らず、カービィ関連の商品は必ず私たちグラフィックデザイナーの手を経て世の中に出ていくこととなります。そこにはいつも変わらない思いがあります。

『手に取ってくれた人がもっともっとカービィを好きになってくれるといいな』

その思いを胸に、今日もグラフィックデザイナーチームは奮闘する日々です!
長々と読んでくださってありがとうございました!