ハル研ブログ BLOG

会社生活
執筆者:大木 タグ: プロジェクトマネージャー

「ハンガーフライトラジオ」でリモートワークでも雑談しよう!

こんにちは!入社12年目の大木です。
普段は東京開発センターで、プロジェクトマネージャーとして仕事をしています。
今日は仕事の話ではなく、社内有志で取り組んだことについて紹介させていただきます。

リモートワークによって失われたもの

ハル研究所では、もともと仕事中の雑談が活発です。
「無駄話していないで仕事しようよ!」と思われるかもしれないのですが、クリエイティブな作品をお客様にお届けするという仕事柄、ちょっとした雑談から仕事のヒントを得るというのが多いのですね。
こういうのを、一部の業界では「ハンガーフライト」と呼ぶことがあるようです。
飛行機のパイロットが、天候が悪いときに回復を待ちながらハンガー(格納庫)で他のパイロットと雑談して、お互いの知識の共有に役立てていた…という話なのだとか。
「おしゃべりばかりしていて全く手が進まない」というのは、もちろんよくありませんが、適度な雑談というのは必要なことだと私は思っています。

新型コロナウイルス感染拡大の予防対策として、ハル研究所がリモートワークを導入した当初、コミュニケーション手段はビデオ会議やテキストチャットが中心になりました。
ちょっと横を向けば相談相手がいる…という状態ではなくなったので、自然とコミュニケーションには気を使うようになっていきました。
そうすると、これまでのように気ままに雑談をする、ということがしづらくなってしまったのですね…
これは、とってももったいない!

「ハンガーフライトラジオ」

この「なんとなく雑談しにくい」という空気感を変えたい!
そう思って、どんなことができるかを考えてみました。
最初に考えたのは「オープンなビデオ会議の場を用意して、いつでも話してOK」というものだったのでした。
しかし、これはあくまで個人的な意見ですが、ビデオ会議は多人数で同時に発言したりすることに向いていないと思っていまして…
「段々と喋る人が固定化されていくのではないか…それってもったいないのでは?」という懸念もあり、別の方法も模索してみることに。

色々と考えた挙げ句に行き着いたのが、「喋る人を2~3人に限定し、他の人には聞き耳だけ立ててもらう」という形でした。
ラジオのような形式なので、「ハンガーフライトラジオ」という名前をつけました。

喋る人を限定したのは、雑談のしやすい空気を維持するのが狙いです。
もちろん、会話する相手が限られてしまうという問題はあるのですが、この取り組みが社内で浸透してさえくれれば、「リモートワークでも雑談したっていいんだ!」という空気になってくれるんじゃないかと考えて、まずはこれでやってみよう!と。

実際にやってみて


(説明のために実際に使用していたスライドです)

この企画、やってみたら社内ウケはとっても良かったです!
仕事とは関係のない取り組みですし、有志でゲストが集まってくれるのか…と最初は不安だったのですが、ゲスト出演してくれる方も、リスナーも、たくさんの社員が来てくれました!
もともとこういった有志のイベントを楽しもうとする会社の文化があったことが、好評だった一番の要因ではないかと思っています。

また、「リモートワークだからこそ実現できた雑談」もありました。
ハル研究所は開発拠点が東京と山梨の2箇所にあり、ミーティングなどのやりとりは日々行われていますが、これまでは拠点の離れた同僚と気軽に雑談することはあまりありませんでした。
しかし、このハンガーフライトラジオでは、地理的な距離は全く関係ありませんからね!
これまで接点の薄かった方とも雑談ができましたし、その雑談を聞くことを通じて、リスナーのみなさんも「この人はこういう人だったのか!」と、話し手の理解にもつながっていたようです。

また、これは完全に私の個人的な主観なのですが…
ハンガーフライトラジオは1対1での語り合いという性質上、雑談ではあるものの話を深堀りしやすく、話の内容的にも「中身の濃い雑談」ができたなぁと思っています。
「普段だったらここまでつっこんだ話をしていないかも…?」と思うような話もでき、興味深く、学びにつながっていたと思います。
もちろんこれは私の手柄ではなく、ゲストがそういった話をしてくれた/話に付き合ってくれたおかげですね。
協力してくださった皆様には、この場を借りてお礼を述べさせていただきます。ありがとうございました!

「リモートワークでも雑談しても良いんだ!」という機運は、狙い通りに高められたのではないかと感じています。
社内コミュニケーション活性化の一助になれたのではないかと思うと嬉しいですし、リモートワークかどうかとは関係なく、これからも雑談のような気軽なコミュニケーションを大事にしていきたいですね!
そこから得た学びを知識に変えて、今後もより良い仕事ができるよう、精進していきたいと思います。

以上、「ハンガーフライトラジオ」の紹介でした!