ハル研ブログ BLOG

会社生活
執筆者:浅川 タグ: 人事スタッフ

新しい仲間を迎えました 2021

こんにちは、人事スタッフの浅川です。
山梨開発センターの桜もちょうど満開となるなか、今年もハル研究所では10名の新しい仲間を迎えました。

新型コロナウイルス感染予防のため、今年の入社式は東京にいる川瀬社長と山梨にいる新入社員が、オンラインで画面越しに顔を合わせました。
朝から緊張が隠しきれなかった新入社員の皆さんも、川瀬社長からの歓迎の言葉や新社会人としての心構え、ゲーム作りを仕事にするうえで葛藤することもあるだろうけど頑張っていって欲しい、などのメッセージを、真剣な眼差しで聞いている姿がとても印象的でした。
中途で入社した私は、初めて目にするハル研究所の入社式であったため、新入社員と同じく自然と背筋が伸びました。

入社式

入社式の後は新入社員の自己紹介タイムです。
今年は東京にいる社員も山梨にいる社員も、オンライン会議で新入社員の自己紹介を視聴しました。
新入社員の皆さんはとても緊張している様子でしたが、画面の向こうの先輩社員に伝わるよう、自分の趣味や意気込みなどを、それぞれに工夫しながら伝えていました。また、同期同士も趣味の話は初めてだったようで、さっそく趣味の話題で盛り上がり、意気投合している様子でした。

午前の入社式を終えたら、さっそく午後からは新人研修スタートです。
最初の2週間は基礎研修。ビジネスマナーなどの社会人としての基礎を学ぶほか、就業規則や会社生活のノウハウなど、ハル研社員としての基礎を身に付けていきます。
私もいくつかの研修で、講師を担当することになっており、さっそく初日から研修を行ってきました。オンライン研修ではありましたが、新入社員の皆さんは頷きながらしっかりと話を聞いていて、積極的に質問もしてくれ、画面越しでも1人1人の意気込みを感じました。

基礎研修の後は、2ヶ月半ほど時間をかけて、職種ごとに分かれて技術研修やグループワークを行い、専門的な知識やチームでの仕事の進め方などを学んでいきます。
新人研修がすべて終わるのは6月末の予定。
その頃には、新入社員の皆さんは新しい知識と経験を得て、ぐっと成長していることと思います。
はじめのうちは、覚えることも分からないことも山ほどあり、いろいろ大変かと思いますが、山梨という地にも早く慣れ、皆さんが充実した社会人生活を過ごせるよう、私たちも全力で応援していきます。

感染症対策のため、今年も歓迎会などの集まりは開けませんが、皆さんを歓迎する気持ちに変わりはありません。
これから私たちと一緒に、「おどろき、たのしさ、あたたかさ」のある、ハル研らしいものづくりをしていきましょう!

そして、来年こそは、ハル研恒例の新人歓迎お花見バーベキュー会を行えることを願っています。