ハル研ブログ BLOG

仕事内容
執筆者:熊崎 タグ: 企画ディレクション

祝『星のカービィ スターアライズ 公式設定資料集』発売! Vol.1

こんにちは。
星のカービィシリーズ、ゼネラルディレクターの熊崎です。

本日、『星のカービィ スターアライズ 公式設定資料集』がめでたく発売となりました!

『星のカービィ スターアライズ』発売から3年、設定資料集という性質もあって、ラストまでのネタバレも含む、多くの情報が1冊にまとめられた書籍になります。
ぜひ、本作を遊ばれた方に手にとっていただければと思います。

普段、クリエイターたちが現場でよく見ている、開発のための様々な資料。
あまりにも見慣れすぎて、当人たちにとっては、お仕事道具の1つであったり、素早い伝達が目的で作られた書類であったりするもので、なんと言いますか、成果物ではないそれ自体の創造性には、気づかないでいたりもします。

それらは刺激的なアイディアの原石でもあり、ゼロから作られた、その1枚のラフスケッチから、イメージを膨らませ、より楽しんでいただくための大冒険への設計図でもありますが…
特にラフなメモなどは、お見せする目的で描かれたものではないもので、見ていただくのに少々気恥ずかしい、そんな面もなくはありません。

ですが、ふとした日。
開発スタッフではない、とある若いスタッフに言われたことがあるのです。
「作品に興味を持ったあと、こういったラフな資料をもっと見たい!」と。
「作品を骨の髄まで楽しみたいんです」という声も聞き、そういえば自分もかつて、当時はまた数少なかった、ファミコンソフト開発秘話の特集や、その作品の初期のアイディアスケッチなど、それこそ興味深く、本に穴があくほど見ていたことを思い出しました。
そうでしたそうでした!と。

スターアライズが完成に至るまでに描かれた資料はとても多いことはわかっておりましたが、あらためて並べてみますと、想像以上のボリュームになりました。

いわゆる「仕様」に該当するものやテキスト資料などは割愛し、見て楽しめるアート的なものをメインにしてありますが、この書籍の編集担当の方や社内のデザイナーに丁寧にまとめていただき、それでも気づけばみっちりと詰まった全200ページになりました。
こういったゲームの設定資料集としては、お求めになりやすいお値段にもなったのかな?とも思います。

1本のゲームが誕生するまでに、そのゼロからの想像の物語を具現化するため、様々な設定と資料が必要とされます。

設定資料集の制作にあたり、あらためて過去の資料を振り返る機会もありましたが、今ある設定の上だけで果たしてどれだけの未来が描けるのか。
脈々と続くカービィチームが描く、長い歴史の中で迎えた集大成作品にふさわしいラストとは何か…その「答え」も、人の数だけあるものだと思います。
この設定資料集は、チームで出したその集大成の答えをまとめ、これからに継承する書物、なのかもしれませんね。

そんなクリエイティブが詰まった『星のカービィ スターアライズ 公式設定資料集』。
制作に関わったゲーム開発スタッフも、クオリティをあげなきゃと楽しみながらも最後まで、丁寧に丁寧にデザイン調整をしていました。
そんなふうに、やっぱり書籍制作であってもハル研らしく盛り上がっている姿を見ますと、チームにとっても、スターアライズがとても意味のある大きなソフトだったんだ、と3周年を迎えた今、あらためて思うのでした!

また、発売直前の時期に、そんな開発スタッフの想いが込められた1つのイベントも行いました。

私とデザインリーダーを務めたファーマンと北の3人で、40名さま分のサインを書かせていただくこととなりました。
当初は私だけっぽかったのですが、ここはアーティストたちの出番でしょう!というわけで3人の合作です。

私は主にカービィと、無であるからこそ様々なモノに染まり、似る…そんな個性のあの子を描かせていただきました。
この記事に添えた写真はその時の様子になります。
(このサイン本は、「星のカービィポータル」直販ページの「先行予約特典(抽選)」のためもので、すでに予約受付は終了しています)

スターアライズにまつわるお仕事。最後の最後までスタッフ一同、魂を込めて楽しんで、終えることができました!
そんな想いがギュギュっと詰まった公式設定資料集、じっくりとお読みいただければありがたく思います。
それでは、またいつかどこかで!

星のカービィ スターアライズ 公式設定資料集