ハル研ブログ BLOG

サークル
執筆者:菅野 タグ: 企画ディレクション

「ペライチ企画書ベんきょう会」を行いました

みなさまこんにちは。企画職の菅野です。
今回のハル研ブログでは仕事から離れまして、社内にて開催しました「ペライチ企画書ベんきょう会」についてご紹介します。

「ペライチ企画書ベんきょう会」とは、A4のペラ一枚で作成する企画書「ペライチ企画」を共通のテーマに沿ってみんなで作って見せあいませんか? という会です。

ゲーム会社だから企画書をたくさん作っているんじゃないの?
わざわざ「べんきょう会」を開く意味って何?
と思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかしながら、自分の考えたアイデアをたくさんの人に見てもらうとなると、なかなか「ここだ!」といった機会がなかったりするのです。
「企画書は誰かに見てもらってこそ磨かれる!」ということで、アイデアを発表してみたい、誰かの企画書を見て勉強してみたい、とにかく企画書を書きたい!という意思があれば、職種関係なく応募OKとして参加者を募集しました。

さて、ありがたいことに参加者もたくさん集まり、テーマも決定いたしまして、いざ主催として私も企画書を考えてみたのですが……思いつかない!!
キサマ企画なんじゃないんかい、とつっこむ前に弁解させてください。
今回、テーマを「様々なとらえ方のできる」ものにしてみたのですが、
逆に言えば「テーマ以外は自由」なのです。これがとっても難しい。
(ピンとこない方は真っ白なキャンバスに「『夢』というテーマで自由に描いてみて」と言われた時を思ってください)
過去に考えていた企画だったり、はたまた新しいアイデアだったりをうんうん考えながら、ようやく提出までこぎつけました。
残念ながらこのページではご紹介できませんが、満足のいく一枚を社内のみなさんに見ていただけました。
様々な反応がいただけてとても嬉しかったです。

さらに嬉しかったのが、参加者の方々から応募していただいたペライチ企画書です。
さすが!と思うまとめ方、そういうテーマのとらえ方もあるのかというアイデア、思わず目を引く一枚など、企画書が来るたびにワクワクしました。
普段の業務では企画書を書かない方からもたくさん提出していただき、本当に開催して良かったなと思いました。

大変だったこともありましたが、結果としてお互いによい刺激になったのではないかと思います。
機会があれば第二回、第三回と続けていけたら……とこっそり考えております。

これからも、よりスキルアップした、新しいワクワクを届けられるよう努力していきます。
それではまた、どこかで会いましょう。

今回応募いただいたペライチ企画書(一部)を並べてみました。
この企画書が商品化するかも!?……という未来を考え、ぼかしを入れております。
雰囲気だけでも感じていただければ……。