ハル研ブログ BLOG

仕事内容
執筆者:前嶋 タグ: プログラマー

新しい便利ツールを作りました

こんにちは、エンジニアの前嶋です。

最近、拠点間で意思疎通を図るために、各自のブースからPCでリモート会議を行う機会が増えてきました。

ところが、一つ問題が発生しました。
PCで作業中なのか、会議中なのか、はたから見てわからないのです。
会議中に話しかけてしまうと気まずいですし、話しかけられた側も戸惑ってしまいます。

しかし!こんな困りごとは技術で解決したくなるのがエンジニアの習性。
解決策を思いついたのでさっそく装置を作りました。

ブースに市販のONAIRランプを設置して、会議中だけ光らせるようにしました。
ランプが光っていれば、会議中だとわかります。

このランプのオンオフは本来手動ですが、手動で切り替えるのは面倒です。
せっかくなのでプログラミングをして、リモート会議の開始と終了を検知し自動で点灯・消灯するようにしました。

この装置を社内チャットで公開したところ、「使ってみたい!」「自分のチームではこんな風に解決しています」という声をたくさんもらい、盛り上がりました。
このように、会社生活で困ったときには、まず「自分で何かできないか?」と社員が自発的に動くのがハル研の社風なのです。

ほかに私が作ったものとして、「電話ヘルパー」というツールがあります。これは、私がまだ入社1年目の頃、自分用の便利ツールとして作っていたもので、社内で内線をかけたり、社外からの電話を内線で取り次いだりする際に、社員の内線番号と在社状況を簡単に検索できるというものです。
このツールは、いまでは会社全体で使われる社内公式ツールに採用されて、他のエンジニアが新たに作ったスケジュール管理ツールとも連携し、運用を行っています。

もし自分では解決策を見いだせなかった場合は、誰か詳しそうな人に直接相談したり、社内のWebサービスに困りごとを書き込んだりすると、他の社員が積極的に解決策を提案してくれるのでとても助かっています!

これからも職場環境をどんどん改善して、よりよい会社生活が送れるようにしていきたいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。