RSS

問題

問題は下記の通りです。チェックプログラムに通る作品ができましたら、ログインしてマイページからご応募ください。

作品受付は終了しました。多数のご応募ありがとうございました。

問題とルール

問題

史上最大の小惑星群を発見!地球に衝突する軌道であることが判明しました。

急いで宇宙船に乗り込み、迫り来るすべての小惑星を高エネルギーレーザー砲で消滅させて、地球を守ってください。

宅配便

ルール

小惑星群について

2次元の矩形で表現された宇宙に、円で表現された小惑星が浮かんでいます。

宇宙船について

宇宙船は任意の方向に移動ができます。

エネルギーが充填されていれば任意の方向にレーザーを発射できます。レーザーが命中すれば、小惑星を消滅させることができます。

宇宙船を体当たりさせることでも、小惑星を消滅させることができます。

1ステージの流れ

全ての小惑星の消滅が完了するまでの流れを1ステージと呼びます。

ステージ開始時、宇宙船は宇宙のランダムな初期位置にいます。

処理は「ターン」と呼ばれる単位で行われます。ターンごとにそのターンでの行動を決定します。

行動は次の2種類のいずれかを行うことができます。

移動
指定方向に移動ができます。
レーザー発射
指定方向にレーザーを発射することができます。

レーザー発射後は、エネルギー充填のため、しばらくのターンはレーザーを発射することができません。

全ての小惑星を消滅させると、そのステージは終了となり、次のステージに進みます。

2000ターンが経過しても消滅完了できない時は、強制的にステージ終了。次のステージに進みます。

全てのステージでかかったターン数の総和が、最終的な評価となります。

さらに詳しいルールについては、問題パッケージに含まれているREADME.txtをご覧ください。

ビューア

問題パッケージには、作品の挙動を確認できるビューアも含まれています。ビューアはwebブラウザで動作します。

ビューア

選考基準

総ターン数と処理時間

ステージを規定回数繰り返し、ターン数の総和を競います。総ターン数が少ないほど上位となります。

総ターン数が同じ場合は、処理時間が短い作品から上位とします。

総ターン数も処理時間も同じ場合は、先に応募された作品から上位とします。

最終スコア

応募期間終了後、問題生成に使用する乱数のシード値を変更し、全応募作品の再評価を行います。

再評価は4回分実行し、その平均のターン数と実行時間を最終スコアとして、順位を決定します。

応募期間中は実行時間を重視し、実行回数を少なめにしていますが、最終的な評価では、より公平を期するためにこのようにしています。

総ターン数が同じだった場合の順位付けについては上記と同じです。

再評価に関する注意点

応募時にエラーやタイムアウトにならなかった作品でも、応募期間終了後の再評価によってエラーやタイムアウトになる可能性があります。手元でいくつかの乱数シードを試すなど、安定した作品を目指すことをおすすめします。

詳しくは問題パッケージに含まれているREADME.txtをご覧ください。

問題パッケージのダウンロード

下のボタンで問題パッケージのダウンロードページへ進んでください。

問題パッケージに含まれるファイルの詳細については、問題パッケージダウンロードページをご覧ください。

作品規定

  • オリジナルのプログラムに限ります。
  • 使用可能な言語はC++です。※C++11が使えます。
    ただし、以下の機能は使用できません。
    • インラインアセンブラ
    • 例外(try,catch,throw 等)
  • 標準ライブラリが使えます。適宜、必要なファイルをインクルードして使用してください。
  • マルチスレッド、マルチプロセスは禁止とします。
  • #pragma は使用できません。
  • 巨大な応募作品はエラーとなることがあります。
  • 問題パッケージでは制限時間はありませんが、評価環境での制限時間は60秒です。ただし、応募期間終了後の再評価は4回分実行するため、制限時間も240秒となります。
  • 応募前に必ずPC上で実行して、チェックが通ることを確認してください。
  • 特定のステージに依存したチューニングを行うことを禁止します。例えば、X番目のステージの時は、あらかじめ用意した配列に基づいて行動を決定するというような処理は禁止とします。
  • 応募作品のチェックはハル研究所オリジナルの評価環境で行いますが、問題パッケージに含まれるものと同一のチェックプログラムでのチェックとなります。ただし、PC上と評価環境で実行結果が変わる場合があります。
  • 応募作品は応募時に自動チェックされますが、後ほど実行委員会が直接チェックする場合があります。たとえチェックが通っていても、不適切と認められる場合は無効と判定されることがありますのでご了承ください。
PAGE TOP