TOP会社を知る働く環境評価制度

評価制度

主観と客観の両面から自分を見つめ直す

ハル研究所では、年に1回ないし2回の職能面談を行い、社員ひとりひとりの能力をしっかりと評価しています。職能ランクが給与に直結しているため、職能面談は年俸交渉としての面もありますが、それ以上に客観的に評価を受けることで次へのステップアップのきっかけを得る場であり、自分を見つめ直すいい機会となっています。

自己評価

まずは事前に提出する自己申告書で、1年間の仕事について報告すると共に、自分の成長の度合いを職能ランクに換算して自己評価。

上司からの評価

自己申告書を参照しながら上司が各人の職能ランクをつけた後、部門ごとに差がでないよう全社で調整が行われます。

職能面談

その後、直属の上司と面談し、会社からの評価と自己評価のすり合わせを行っていきます。評価にズレがあった場合は、お互いがどこにポイントを置いて評価しているかを確認し合い、納得のいくまですり合わせを行います。また、評価について以外にも、現在取り組んでいることのアピールやこれから目指すことの相談、また今後の希望や改善してほしい点など、この機会にじっくり話し合います。